自動車学校の合宿で夢の免許をゲット|充実ライフのカーライフ

勉強

どうやって取得するか

船舶免許取得への早道は

船

船舶免許は、大雑把に言って動力付きの船舶を運航する為の免許です、自動車を運転する為にスクールに行くことの、海上版と考えても良いでしょう。 今回は、船舶免許の入門となる小型船舶免許について説明します。二級小型船舶操縦士、海岸から約9kmまで運行可能、大きさ20トンまたは、24メートル未満、水上オートバイはの操縦は不可です、沿岸でのレジャーや、釣りに向いています。川や湖での船舶免許も、この二級に含まれます。(大きさなどが海と異なります)特殊小型船舶操縦は、水上オートバイ専用です。 小型船舶免許を取得するには、免許スクールに通う場合が多いです。マリーナ運営やボート販売にかかわる民間企業などが開催する講習を受け、試験を受験します。内容は学科と実技講習があります。船舶を港に係留するためのロープワークや港の中での進路標識の意味など、陸上とは異なるルールを学びます。実技講習は実際に港や湖で行うので1日に行う人数に限りがあり、早めの申し込みが望ましいといえるでしょう。

船舶免許の取得方法

「船舶免許」とは、一般的に「ボート免許」と呼ばれているものです。正式名称は「小型船舶操縦免許」で、国土交通省から発行される国家資格です。マリンスポーツやボートを操縦する際に必要な免許でもあります。 船舶免許は、4種類のレベルに分けられています。水上バイクなどを楽しむためには「特殊小型免許」、5トン未満の小さな船舶で湖などでの釣り用には「2級湖川小出力限定」、20トン以下のクルーザーなら「2級免許」、20トン以上で本格的な外洋セイリングなら「1級免許」といった船舶免許が求められます。 船舶免許の取得方法ですが、試験を受けることになります。その際、年齢制限のほか、視力検査や張力などの身体基準があるので注意が必要です。