自動車学校の合宿で夢の免許をゲット|充実ライフのカーライフ

勉強

必要な理由

船舶免許がある理由について

船

船舶免許とは船舶を運転する時に通常の自動車免許と同様に船を運転する時に必要な免許証であります。 このような免許が存在する理由としては海路においても同様にルールが存在する事が理由にあり、それを遵守する事によって海の道を円滑に進む事や事故を未然に防ぐ事が出来るといった利点が存在します。船舶免許が必要な理由としては船舶を運転するにあたって正常な判断能力がなければ運転する事は危険な行為であり、そのような危険な可能性を未然に防ぐ事が出来る点は魅力的である事が第一に存在しています。 船舶免許をある理由としては船舶免許を持つ事によって多くの人が船を使って海路を混雑化させる事を回避する事が出来る点が船舶免許がある事によって得られるメリットとして挙げられます。

船舶免許の取り方

船舶免許を取るためには大きく分けて3種類あります。一つは「免許スクール」と呼ばれるところに通う方法。二つ目は「登録小型船舶教習所」に通う方法、三つ目は個人で勉強し試験を受ける方法です。今回はそれぞれの特徴について説明していきます。 免許スクールに通って船舶免許を取得する方法はボート販売などを行っている民間企業が開催している講習を受講するものです。独自のカリキュラムで試験対策を行っているので、講習日程など様々あります。 登録小型船舶教習所は国土交通省に登録されている教習所に通うことで船舶免許の取得を目指すものです。ここに通うことで学科試験と実技試験が免除されますが、費用が高くついてしまう傾向があります。 個人で勉強し、船舶免許を取得する方法は学科試験はいいのですが、実技試験の勉強が出来無いので、周りにボートを持っている人が指導してくれる環境が必要になります。